スマート天井通知システム

 家電や給湯機などのサイン音による通知は、宅内でも聞こえない場所にいると気付きません。インターホンの音が聞こえても、親機でカメラ画像を見るまで家族の誰が応対すべきかわかりません。宅内ではスマートフォンや携帯電話などを常に身に付けているとは限らず、アプリからの通知があっても気付かないことも多々あります。本研究では、それら住宅の中で起こりうる通知をToDoの一形態として統合的に扱い、サイン音だけだなく天井で視覚的に表示するシステムを提案しています。そして、そのビジュアルデザインを含め実験住宅ΞHomeで試作と評価を行っています。
CeilingNotificator_image_s
 多くの住宅の部屋は、壁や床が家具やポスターなどで埋まっていてあまりスペースがないため、視覚的な通知には使い辛いと言えます。一方で、天井は照明や火災警報機以外はほとんど空いており、情報提示する場として利用する余地が充分にあります。実際に、コンセプトモデルながら天井プロジェクタが試作され展示もされています。この超短焦点プロジェクタの技術により、天井はディスプレイとして機能させることが可能です。屋内での人の居場所判別や測位を行う技術もいろいろ提案・実現されています。それら技術を組み合わせることで、近い将来、日常生活の場面での様々な通知について、天井を活用することができるでしょう。

次のムービーは、天井通知のプロトタイプ表示例(初期プロトタイプ)です。

対外発表
  • 高村未知, 平井重行: スマートハウスでの天井通知システムとそのデザイン, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, 6ZA-06 (2015)
  • 高村未知, 平井重行: ユビキタス住宅における天井通知システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム2014論文集, 1504P (2014)
作品展示、メディア取材・出演など
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る